翻訳依頼も有効活用

サイト内容の翻訳も、多言語サイト作成時の問題の一つ。必要なページのみとはいえ、翻訳料金の相場は社団法人日本翻訳連盟によると、日本語から英語の翻訳で日本語1文字あたり20円~。近くに翻訳できる人がいれば、心配ありませんが、誰に頼めばよいか、悩むところです。Googleの自動翻訳機能をWordPress用のプラグインとして組み込むこともできます。ページ全体をそのまま翻訳してくれ、言語の追加もそれほど難しくはありません。ですが、Googleのウェブマスター向け公式ブログでは「自動翻訳は意味が通じない場合もあり、スパムとみなされる可能性がある」と記載されており、できれば翻訳者に頼んで作成したいところです。

そこで、候補に挙がってくるのは、WordPressのサイトやプラグイン利用者を対象にした翻訳サービスの活用です。WordPressでよく利用されている有料プラグインには、プロ翻訳サービスが付随しているものもあります。翻訳状況のがわかる管理画面もあり、比較的安く翻訳できるようです。

2020年には東京オリンピックの開催も控えています。今のうちに、コンテンツマネジメントシステムで多言語サイトの作成に取り組み、外国人を迎える準備を整えておきましょう!

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket