多言語サイトとは

多言語サイトとは、どのようなサイトなのでしょうか。一言で言えば、ページの内容を母国語以外の複数の言語で発信しているサイトのことです。トップページに言語を変更できる選択ボタンがあり、各国の言語で表示されたページにリンクします。言語毎に異なる内容を表示しているサイトもありますが、個人や中小企業でこれに取り組むのは至難の業。翻訳料もかかります。必要な情報だけ翻訳し、各言語用のサイトとして運用するのがよいでしょう。
パソコン

サイトを多言語化する際不可欠なのは、すべてのページに別の言語ページへのリンクを設定することです。目につく場所に「英語で読む」「中国語で読む」などのリンクをその国に言葉で設置し、各言語ページへ誘導します。ページが多くなってくると、個別に設定していくのは手間がかかりますし、メニューを変更するなど大きな構造変更の際には、想像以上の作業になります。

この手間を軽減してくれるのが、コンテンツマネジメントシステムを活用した多言語化機能の利用です。

必要な言語を選択しておけば、メニューなどの簡単な表示を自動翻訳して生成してくれるだけでなく、言語切り替え用のドロップダウンリストの自動作成や、多言語化されているページのみにドロップダウンリストを表示する、などの機能をつけてくれます。対応言語は40~200種とシステムによって異なりますが、多言語サイト構築の大きな助けになってくれることは間違いありません。多言語対応システムは2万円程度の有料のものもありますが、必要機能が充実していることを考えれば、高くはないでしょう。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket